プライバシーを大切に守り、より心地よく暮らせる設計・仕様。 プライバシーを大切に守り、より心地よく暮らせる設計・仕様。

心地よく、健康的な暮らしを支える住まいであるために、快適で静かな住空間を追求しました。 心地よく、健康的な暮らしを支える住まいであるために、快適で静かな住空間を追求しました。

床の遮音

クッション材により衝撃吸収性が向上したΔLL(I)-4等級(軽量衝撃音)の防音フローリングを採用し、スプーンなどを落としたような高音域の軽い音の階下への伝わりを軽減しています。

FR板スラブ工法

※ポレスターで採用の防音フローリング遮音等級は、JISが定めた実験方法によるデータに基付いてメーカーが表示したものであり、竣工後の実際の住戸内における遮音性能を示すものではありません。

水廻りの遮音

〈排水管の遮音〉
居室に面するPSの排水管に、防火・防音措置工法を施し、床から伝わる排水音を軽減しています。
※居室に面さないPSはグラスウール巻となります。

防火・防音措置工法概念図

壁の遮音

壁の厚さは隣戸への音漏れに関係します。ポレスターでは戸境壁コンクリート厚を180~220mmとし、日常生活に不便のない遮音性に配慮しています。

※1 機器類の防振が必要 ※Dはディファレンス(Difference)の略。D値は数字が大きいほど遮音性能が高い。※上記は、日本建築学会編「建築物の遮音性能基準と設計指針」に基付くものであり、音の感じ方には個人差があります。※防音性能に関する記載は、数値により本物件の遮音性能の位置付けをご理解頂く為のものです。あらゆる方法により音を「抑える」努力をしておりますが、音を皆無にすることはできません。また、音の感じ方には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。

T-1等級の防音サッシを採用。窓外の騒音と住戸内からの音漏れを低減します。

※数値はメーカーの資料に基付く試験場でのデータであり、当物件の性能を保証するものではありません。