外観・共用部|ポレスター宮崎ザ・プレミアム【公式】|宮崎県宮崎市の分譲マンション

ポレスター宮崎ザ・プレミアム

メニュー

外観・共用部

MAJESTIC APPEARANCE

振り返りたくなるほど、
誇れるデザインがある。

そこに佇むのは、都心の躍動感あふれる洗練と、
暮らしを包むあたたかみを融合させたアートである。
無機質になりがちな都心の街並にこそ、やすらぎが必要である。
だからこそ、「ポレスター宮崎ザ・プレミアム」が求めたのは、
直線で構成されるデザインによる瀟洒なイメージと、
落ち着きのあるさりげない存在感。
それは、時を超えて、シンボルと呼ぶにふさわしい誇りの創造である。
見上げるたびに、ステイタスを満たしていく。

外観完成予想図

MANIPULATE THE LIGHT

重厚感漂うデザインに、柔らかな光を注ぐ。

都心のメインストリートにやさしさを。
風合いのあるタイルや木製のルーバー、そして豊かな緑で、重厚感のあるデザインに人のぬくもりを感じさせる。
それは、オフィスが並ぶエリアにあって、オアシスのようにあたたかな存在感を放つ。
そして夜には、華麗なライトアップにより、光と影が街並の印象を美しく変えていく。
その向こうには、シンプルで洗練されたエントランスが貴方を迎え入れる。

エントランス完成予想図

アカリ・アンド・デザイン代表 吉野弘恵

akari+DESIGN associates

アカリ・アンド・デザイン代表

吉野 弘恵Hiroyasu Yoshino

ヤマギワ計画デザインセンター チーフデザイナーを経て、2002年にアカリ・アンド・デザインを設立。建築的照明をコンセプトに、心理的、光学的な観点から照明設計、デザイン、コンサルティングを手掛けている。

[主なプロジェクト]中之島三井ビルディング(平成14年度照明学会優秀施設賞)、三重県立美術館(平成15年度照明学会優秀施設賞)、佐川美術館 樂吉左衞門館(平成19年度照明学会優秀施設賞、北米照明学会2007国際照明賞Award of Merit)など多数。

ホール完成予想図

LIBERATION OF MIND

エントランスホールで
心を解き放つ。

都心の躍動から安らぎへ。
外観デザインから導かれる美しい連続性のある木調ルーバーと、
ゆるやかな曲線を描く壁面が織りなす寛ぎのエントランスには、
美術館のようにオブジェが佇み、心をゆっくりと解き放つ。
そこには、シックで落ち着いた表情とさりげない美学が漂う。

ラウンジ完成予想図

CALM DESIGN

ステイタスをデザインした
語らいのスペース。

バーカウンターと、テーブル、おしゃれなチェアを配したラウンジスペース。石庭を臨み、やわらかな光が注ぐ昼。間接照明のやさしい光が華麗に照らす夜。
そこにあるのは、ここで暮らす人たちのステイタス。
時には語らい、時には安らぐ。一日をリセットする、なくてはならない大人の空間になる。

敷地配置図・1階平面図・周辺概念図

1アプローチ
都心の表情を創造する発想でデザインした洗練されたアプローチ。昼は、緑が都市に潤いを与え、夜はライトアップによって街並を華麗に演出。
2ホール
ONからOFFへと誘う寛ぎのエントランスホール。木調ルーバーが織りなす美しいデザイン性と2層吹き抜けの伸びやかな空間が、訪れる人をやさしく迎え入れる。
3オーナーズラウンジ
高級ホテルを思わせるオーナーズラウンジ。飾り棚には本が備えられ、やわらかな間接照明によってもたらされた落ち着きの空間で読書を楽しむことができる。
4タワー駐車場・来客用駐車場
敷地内に駐車場を全戸分と来客用の駐車スペース(1台分)も確保。車でのお出かけもスムーズに。
5石庭・中庭
オーナーズラウンジの石庭と、エントランスホールの中庭には、豊富な植栽を配し、四季を彩る。特に春から初夏にかけては、オオデマリ、カルミア、ヒメクチナシ、キンモクセイなど、さまざまな花が咲き誇り、癒しを与える。

植栽

 歩車分離
歩車分離の動線で安全性に配慮。駐輪場の出入りも安心。

※掲載の外観完成予想図は設計図を基に作成したもので形状・色等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。また、敷地内のみ描いており、敷地周囲の電柱、標識、ガードレール等につきましても再現しておりません。また、表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いております。
※掲載の絵図は図面を基に描きおこしたもので実際とは多少異なる場合がございます。尚、外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。
※表現されている植栽は竣工から初期の生育期間を経た状態のものを想定して描いております。竣工時は植物の生育を見込んで間隔をとって植えております。

ページの先頭へ

ページの先頭へ