設備・仕様

環境に配慮した住まい。

先進の技術を取り入れることで、エネルギーの消費や使用料金を削減できる構造や仕様を実現。
地球環境に配慮しながら、一層快適な住まいを実現します。

1細やかな配慮の断熱仕様

外壁の室内側に設けた断熱材に加え、建物の外部に面するスラブの一部には、ヒートブリッジ対策として断熱材を折り返し施工することにより、冷気・熱気の侵入を抑え、快適な室内環境を保ちます。

断熱材の折り返し範囲

※壁厚に関しては、一部異なる場合があります。

◎ヒートブリッジとは

建物の断熱された外壁などに部分的に熱を伝えやすい物や状態があると、そこから熱が橋を渡るように出入りします。これを「heat bridge=熱橋」と呼びます。この部分をきめ細かく断熱しないと快適性の低下や冷暖房エネルギーのロスにつながります。

2複層ガラス

複層ガラスによって熱の侵入や放出を抑え冷暖房効率を高めると同時に、ガラス面の結露も抑えます。

複層ガラス イメージ複層ガラス イメージ

3節湯器具

噴射口を工夫し、勢いを保ちつつ流出量を抑える台所水栓と浴室シャワーを採用。浴室シャワーには、節水でも量感たっぷりのエアインシャワーとタッチ式止水スイッチを設けました。

節湯器具 参考写真節湯器具 参考写真

4エコジョーズ

ecoジョーズ

排気熱・潜熱回収システムにより、これまで未利用だった排熱を活用し給湯効率を向上させています。

エコジョーズ 概念図エコジョーズ 概念図

※1 ガス代 年間約22,000円の節約(算定条件)●2,3人家族、居住面積80m2で想定。年間ガス使用量621m2で想定した、大阪ガス(株)による試算例です。●ガス料金:2018年7月時点の料金表(GAS得プラン、床暖料金エコジョーズプラン、オプション割引7%:大阪ガス(株))で算定しております。(注意)上記、年間削減金額については気象状況(気温、水温等)や使用状況により変動する可能性があります。

5節水型トイレ

環境にやさしく経済的な節水型トイレを採用。メーカー従来品より約71%の節水を実現しています。

節水型トイレ節水型トイレ

※2 水道料金 年間約13,000円の節約(算定条件)●節水量(出典:TOTO株式会社):年間使用日数:365日、家族4人(男性2人・女性2人)※大1回/日・人、小3回/日・人(※「省エネ・防犯性住宅推進アプローチブック」より)、同メーカーの約15年前の商品と比較、浴槽1杯約240ℓとして試算●水道料金(守山市水道局 共同住宅方式による料金計算で40m2/月使用の場合)上水道+下水道料金の合計目安単価247円/m2(平成30年10月現在)で算出しております。(注意)年間削減金額の試算結果については原則として100円未満を切り捨てて表記しています。

省エネルギー仕様概要省エネルギー仕様概要

【フラット35】S(金利Bプラン)
適合マンション

フラット35Sとは
【フラット35】の技術基準を満たした上で、「省エネルギー性」「バリアフリー性」「耐久性・可変性」「耐震性」のうちいずれか1つ以上の技術基準を満たす住宅を取得される場合に、お申し込みのお客さまの【フラット35】のお借り入れ金利を一定期間引き下げる制度です。

「省エネルギー性」に適合した住まい

【フラット35】の技術基準のうち「省エネルギー性」に適合した住まいです。断熱性能の向上や複層ガラスを採用するなどして、快適な居住性能を実現するとともに、地球温暖化の抑制、環境保護にも貢献する住宅であることが認められています。

【フラット35】S

※掲載の仕様は、諸事情により変わることがありますので、あらかじめご了承ください。

資料請求  来場予約
PREV
NEXT
PAGETOPPAGETOP