EQUIPMENT
耐震性能へのこだわり。
入居者をしっかりと守る耐震性を実現するため、ザ・レジデンス二葉の里は建物の形状自体にも明快な強さを求めています。
その上で、入念な地盤調査を実施し、基礎設計へ。耐震性へのこだわりはマリモの信念です。
強固な支持層に埋め込む杭基礎

綿密な地盤調査により検出した、地下約36m、N値50以上の硬い支持層に18本の場所打ちコンクリート杭を埋設。現場の地盤に適した深さに多数の杭を埋め込むことで強固な建物構造を実現しています。

出典/地盤工学会「地盤調査法」より

出典/地盤工学会「地盤調査法」より
◎場所打ちコンクリート杭とは
建築物を支えるための、地中に構築するコンクリート製の杭のことです。機械で地面を掘削し、鉄筋を挿入してコンクリートを打設し構築します。

徹底した地盤調査に基づく設計

建築予定地の地盤に適した構造設計を行うため、事前に地盤調査を実施します。地盤の固さや締まり具合、土層の構成を判別するための数値(N値)を得るための標準貫入試験やボーリング(試掘)調査といった入念な調査を行い、これらを通じて得たデータをもとにマンションの基礎設計を実施します。

◎N値とは
標準貫入試験によって求められた、地盤の強度を表す単位のことです。標準貫入試験とは、63.5kgの重りを76cmの高さから自由落下させて鋼製棒を打ち込むという試験で、その鋼製棒を土中に30cm打ち込む(貫入させる)のに要する打撃回数を測定します。落下打撃回数の値がN値で、その数が多いほど地盤が硬いということになります。

イメージ図

※イラストはCGによるイメージであり、建物の規模、杭の本数・長さ等は異なる場合があります。

バランスのよいスクエア型の建物形状

平面形状はスクエアが基本。万一の大地震発生時、局所的に負荷がかかりにくい明快で均整の取れた形状です。

バランスのよいスクエア型の建物形状
粘り強さをアップする柱構造

建物を支える柱の主筋を水平方向に束ね、主筋とコンクリートを拘束する役割を果たす外周部の帯筋には、溶接閉鎖型の帯筋を採用。通常の帯筋に比べ、せん断力に対する拘束力が高く、建物に粘り強さを持たせます。

粘り強さをアップする柱構造
耐震・耐久性と快適性のベース。
建築物が本当の強さを発揮するには、「目に見えない部分」の構造がポイントとなります。
ザ・レジデンス二葉の里は、さまざまな部位で耐震・耐久性の高い仕様を採用しています。
耐震性・快適性を追求した床・壁構造

耐震性を保ち、プライバシーを守る住戸と住戸の間の戸境壁は、快適な住空間を実現する180mm厚以上を確保。耐力壁として、しっかりとした構造と厚みを持たせています。また、床の厚さを意味するスラブ厚は250mmとしています※1

粘り強さをアップする柱構造

※1ユニットバス部分など、一部スラブ厚が異なります。
※中空スラブの中空材に関しては、材質・形状が異なる場合があります。
※壁厚及び鉄筋の本数等の表現に関しては、一部異なる場合があります。
※詳しくは設計図書をご確認ください。

床・壁構造
プラス10ミリの安心「コンクリートかぶり厚」

長く建物の性能を保つために重要なポイントとなる、鉄筋を覆うコンクリートのかぶり厚は、建築基準法で定められた厚さよりもプラス10mmの厚さとしています。また、打放し仕上げ部分はさらにプラス10mm以上、合計20mmのかぶり厚として鉄筋の劣化を抑制しています。

ザ・レジデンス二葉の里の場合建築基準法で定められた
かぶり厚プラス10~20mmの厚さとしています

◎かぶり厚とは
鉄筋コンクリート造で、鉄筋を覆うコンクリートの厚みを指します。かぶり厚が大きいほど鉄筋は錆びにくく耐久性が高くなります。

耐久性に優れた、強度の高いコンクリート

主要構造部のコンクリートに設計基準強度が1㎡あたり最大5,204トン(最小2,755トン)の圧縮に耐える最大51N/m㎡(最小27N/m㎡)の高い強度を持つコンクリートを採用しています。

耐久性に優れた、強度の高いコンクリート

※外構・付属棟は除きます。

外壁タイルを剥がれにくくする
「弾性接着剤貼り工法」

外壁タイルには、弾性接着剤貼り工法を採用。セメント系貼付けモルタルに比べ、接着剤層の弾性でコンクリートの乾燥収縮率等による変形に追従し、タイルの浮きやはく離・はく落の危険性を軽減します。

イメージ図:〈セメント系貼付けモルタルの場合〉〈弾性接着剤貼り工法の場合〉
資料請求
来場予約
ページTOPへ

現地案内図

資料請求

TEL

来場予約