EQUIPMENT 設備・仕様

EQUIPMENT
EQUIPMENT 設備・仕様

環境に配慮した住まい。環境に配慮した住まい。

先進の技術を取り入れることで、エネルギーの消費や使用料金を削減できる構造や仕様を実現。
地球環境に配慮しながら、一層快適な住まいを実現します。

細やかな配慮の断熱仕様

外壁の室内側に設けた断熱材に加え、建物の外部に面するスラブの一部には、ヒートブリッジ対策として断熱材を折り返し施工することにより、冷気・熱気の侵入を抑え、快適な室内環境を保ちます。

◎ヒートブリッジとは

建物の断熱された外壁などに部分的に熱を伝えやすい物や状態があると、そこから熱が橋を渡るように出入りします。これを「heat bridge=熱橋」と呼びます。この部分をきめ細かく断熱しないと快適性の低下や冷暖房エネルギーのロスにつながります。

イメージイメージ

※断熱材の範囲や厚みは住戸により異なります。

イメージイメージ

イメージイメージ

イメージイメージ

複層ガラス仕様の断熱サッシ

断熱性が高いから暖房費も節約でき、結露も抑えます。

参考写真参考写真

参考写真参考写真

参考写真参考写真

節湯器具

噴射口を工夫し、勢いを保ちつつ流出量を抑える台所水栓と浴室シャワーを採用。浴室シャワーには、節水でも量感たっぷりのエアインシャワーとタッチ式止水スイッチを設けました。

エコキュート

エコキュート

空気の熱でお湯を沸かす。自然の恵みを上手に活かした環境にも家計にもやさしい、これからの省エネ給湯器「エコキュート」を採用しました。

イメージイメージイメージ

【フラット35】S(金利Bプラン)適合マンション

フラット35Sとは

【フラット35】の技術基準を満たした上で、「省エネルギー性」「バリアフリー性」「耐久性・可変性」「耐震性」のうちいずれか1つ以上の技術基準を満たす住宅を取得される場合に、お申し込みのお客さまの【フラット35】のお借り入れ金利を一定期間引き下げる制度です。

「省エネルギー性」に適合した住まい

【フラット35】の技術基準のうち「省エネルギー性」に適合した住まいです。断熱性能の向上や複層ガラスを採用するなどして、快適な居住性能を実現するとともに、地球温暖化の抑制、環境保護にも貢献する住宅であることが認められています。

【フラット35】S(金利Bプラン)適合マンション

※掲載の仕様は、諸事情により変わることがありますので、あらかじめご了承ください。