マリモJORNAL

~間取り選びは楽しい!~
自分にぴったりな間取り選び

住まい探しのなかでも間取り選びはワクワクする楽しい時間です。
同じ専有面積の住戸であっても、居室の広さが違ったり、収納スペースの充実度、住戸の階数などによって住み心地はさまざま。
「その間取りの特徴と自分のライフスタイルがうまくマッチするかどうか?」を見極めることが大切です。
そこで、今回のマリモジャーナルでは、
住まいを選ぶ前に知っておきたい「間取り選びのポイント」についてご紹介します。

間取りの基礎知識 それぞれの特性を覚えておこう!

マンションの間取りを分類する際によく目にする
「角住戸」「中住戸」「1階住戸」「特殊住戸」などのキーワード。
まずはそれぞれの特性をご紹介します。

角住戸
フロアの角に位置する住戸のことで、住戸側面に窓などを作ることが多いため、多面採光が可能となるほか、プライバシー性を高めやすいという特徴があります。
中住戸
住戸の間に挟まれた住戸のこと。どうしても採光はバルコニー面中心になってしまうものの、同じ専有面積で比較すると角住戸より割安なことが多いというメリットがあります。
1階住戸
専用庭やテラス、専用駐車場などが備わっていることが多く、一戸建て感覚で暮らせると、子育てファミリーに人気。
特殊住戸
最上階メゾネット付き住戸や、ルーフバルコニー付き住戸など、そのマンションの中でも数少ない個性的な間取りの住戸を指します。

角住戸と中住戸


フロアの角に位置する角住戸は、住戸側面に窓を設けられるため採光や通風に優れています。
さらに、共用廊下を歩く人の視線も気にならず、プライバシー性を高める効果もあります。
ただし、開口部が大きくなるぶん、季節によって外気温の影響が大きく、
暑さや寒さを感じやすいケースもあり、注意が必要です。
両サイドに住戸がある中住戸は、両サイドを戸境壁に挟まれてしまうため窓などの設置に制約がありますが、
外気温の影響を受けにくく冷暖房効率がアップするほか、
角住戸と比較すると分譲価格も割安になることが多いというメリットがあります。
価格と住み心地のバランスを比較しながら、どちらの住戸が自分の希望に合っているのか検討しましょう。

image
image

階数による違い


image

同じ間取りであっても、階数の違いによって暮らし心地は変わります。何と言っても階数による大きな違いは眺望や開放感。上層階住戸のほうがバルコニーからの景観や日照に恵まれることが多いため、眺望や開放感を重視するなら上層階住戸がおすすめです。
一方、小さなお子さんやお年寄りのいらっしゃるご家庭の場合は、マンションエントランスから自宅玄関までの移動距離を考慮して「低層階住戸のほうが住みやすい」と感じる方も多いようです。また、災害時に避難しやすい、停電時に生活物資が運びやすい、という点も低層階住戸のメリットです。
マンションは一般的に階数が上がるほど分譲価格も上昇するため、眺望重視か?価格優先か?も大きな判断要素となります。

開放感豊かな眺望

image

1階住戸の魅力とは?


子育て中のファミリーに根強い人気の1階住戸。専用庭があれば家庭菜園を楽しんだり、夏場にはビニールプールを設置したり、のびのびと子育てすることができます。
また、下の階に住戸がないため、子どもたちの大きくなりがちな足音が下階に響くこともありません。
エレベーター待ちがなく、駐車場へ比較的近いこと、緊急時に避難がしやすいことなども1階住戸ならではの魅力です。

image

間取りの特長を最大限に生かす設計の工夫とは

知っておきたい、専有面積と有効面積の違い


image

間取り図に表示されている「専有面積」は、専有部分の床面積を表した数字ですが、専有面積が同じ住戸でも、設計によって「実際に使える居室空間の広さ」=「有効面積」が変わってきます。
たとえば廊下スペースを極力短くした間取りであれば、そのぶん居室面積をゆったりと確保できますから「有効面積」が大きくなります。


image

また、開閉に場所をとる開き戸ではなく、引き戸を採用した間取りならデッドスペースを省くことができるため、お部屋をすみずみまで使うことができます。間取り選びの際は「専有面積」だけを確認するのではなく、「有効面積」も意識して実際の使い勝手を想像してみましょう。

決め手はやはり収納


「有効面積」の視点で間取りをチェックしてみると、実は「収納」も重要なスペースに!
機能的な収納スペースが備えられている間取りなら、余計な収納家具を設置しなくても良いため、
そのぶん居室空間をより広々と効率的に使うことができます。
ウォークインクロゼットや納戸などの大型収納があれば、
置き場所に困りがちなスーツケースやゴルフバッグなどのアイテムもすっきり収納可能。
キッチンサイドの収納は、お米や調味料など保存食材のストック場所として使えるほか、
廊下に面した物入れは、掃除機をはじめとする長尺アイテムやお掃除グッズの収納に便利です。
「どんな場所にどんな収納スペースが設置されているか?」をチェックして、間取りの快適さをイメージしましょう。

ウォークインクロゼットがあれば、
大型アイテムも楽々収納

image

広々としたウォークインクロゼットは憧れの収納スペース。夏物・冬物の衣類の整理整頓がスムーズに行えるほか、ゴルフバッグやスーツケースなど、大型アイテムの収納にも便利。市販のシステム収納家具を組み合わせることで、自分好みにカスタマイズできる点も魅力です。

壁面収納は見た目もスッキリ、
機能的

image

壁面収納は、省スペースながら空間を最大限に活用した機能的な収納スペース。上部棚には冬用の布団などをしまえるほか、下段は引き出しカゴなどを活用することで下着類の整理整頓に使えます。収納扉を閉じればインテリアとも一体感があり、居室空間をスッキリ見せてくれる効果があります。

リビングや廊下など
共用スペースの収納にも注目

image

個室だけでなく、リビングや廊下など、家族の共用スペースに面した収納も重要。例えば、廊下に設置された物入れは、お掃除グッズなど収納できるほか、読み終えた新聞や雑誌の保管場所としても便利。また、子どもたちの図工作品など、家族の大切な思い出をストックする場所としても使えます。

機能的な玄関収納があれば
「住まいの顔」を美しくキープ

image

「住まいの顔」となる玄関は、常にキレイな空間づくりを心がけたいもの。鍵、宅配便を受け取るときの認印、靴磨きセット、家族分の傘など、なにかと散らかりがちなアイテムも、機能的な玄関収納が設置されていれば問題解決!片付け習慣が自然に身につくため、美しい玄関スペースをキープできそうです。

ポレスター宮崎ザ・プレミアム 玄関収納

目的別に選ぶ、自分にぴったりな間取りをチェック!

子育てを楽しみたい人にぴったり


リビングにつながる和室がある間取りは、子育てファミリーにぴったり。キッチンやリビングからも目線が行き届きやすいので、子どもが畳の上でゴロンとお昼寝をしている最中に夕飯の準備を済ませることもできます。また、近年は家族の近くで勉強をする「リビング学習」が人気となっているため、子どもたちの就学後は勉強部屋としても活用できそうです。

image
image

効率よく家事をこなしたい人にぴったり


image
image

家事にも時短を目指したい「効率重視」のあなたには、キッチンや洗面などの水まわりが一箇所にまとまった間取りがおすすめ。特に、キッチンと洗面室が近いと家事動線を短縮できるため、朝食の準備をしながら洗濯したり、メイクやヘアセットをするなど、貴重な朝の時間を効率よく使うことができます。
また、キッチンに勝手口が付いた間取りなら、わずらわしいゴミの分別もバルコニーでOK。キッチンまわりもスッキリ、スペースの効率化にもつながります。

夫婦で生活時間帯が違う人にぴったり


玄関からすぐに入ることができる個室が左右にある間取りは、帰宅時間の違いなど生活時間帯がズレがちだったり、お互いのプライベートを重視したいご夫婦におすすめ。玄関そばの個室なら、深夜の帰宅でも静かに部屋に入ることができるため、パートナーのプライベートな時間を邪魔しません。別々の個室を持つことによってお互いの生活サイクルの違いにストレスを感じることなく、ぐっすり安眠できそうです。
また、近年は働き方改革によりリモートワークを推奨する企業が増えています。玄関そばの個室なら、ワークスペースとして、仕事仲間と打合せをする際も、プライベート空間と仕事空間をほどよく分離できそうです。

image

いかがでしたか?間取りを選ぶ際には、ついつい「広さ」や「部屋数」だけを重視しがちですが、
実際の暮らし心地は「有効面積」や「収納スペースの形状」など、設計によっても大きく変わってきます。
間取りをチェックするときは、イマジネーションを膨らませ、
生活動線は快適か?収納スペースは足りているか?日当たりや開放感は自分の希望に近いものか?などを
ひとつひとつ想像しながら、あなたのライフスタイルにマッチした「理想の間取り」を楽しんでみませんか?