知っておくと便利なヒントがいっぱい マンション選びお役立ちガイド知っておくと便利なヒントがいっぱい マンション選びお役立ちガイド

マンションで 資産運用 考えてみませんか?

資産運用しやすいマンションの条件、
それは「住みやすい」に加えて「貸しやすい」「売りやすい」が揃っていること。
ご自身の暮らしをふまえた
「住みやすさ」はもちろんのこと、
「貸しやすさ」「売りやすさ」を見据えた
マンション選びをすれば、

ライフスタイルが変化しても、「貸す」「売る」などの資産運用がスムーズになります。

  • 住みやすい
    間取りのよさ/生活動線のよさ/住宅設備・仕様のよさ/駅に近い/生活利便施設に近い/
    静けさ・住環境のよさ etc
  • 貸しやすい
    都心立地/駅近立地/人気の街/家賃相場が高い街/セキュリティ/
    多彩なターゲットが想定できる適度な広さ etc
  • 売りやすい
    都心立地/駅近立地/人気の沿線・人気の街/再開発など今後の発展が期待できる街/
    人口増加中の街・乗降客数上昇中の街/外観・エントランスのデザインのよさ/
    多彩なターゲットが想定できる適度な広さ etc

※資産運用にあたってのマンション投資は、お客様のご判断となります。

「住みやすさ」+「貸しやすさ」「売りやすさ」を見据えた
マンション選びをお勧めします。

近居 という選択、そのメリットと心得

近居とは、「住まいは異なるものの、
親世帯と子世帯が日常的に
往来できる範囲に居住する」こと。
少子高齢化対策や子育て支援の一環として
国土交通省でも促進している
キーワードです。
近居に伴う支援金や助成制度を設ける
自治体もあります。

  • 二世帯近居
    結婚した子世帯が親世帯の近くに
    マンションを購入・住居を構えること。
  • 三世帯近居
    子世帯・親世帯・祖父母世帯が
    近くに住居を構えること。
  • 2戸買い近居
    親世帯・子世帯で
    同じマンションを購入する。

近居のメリットは「4つのサポート」

  • 子育てサポート
    保育園・幼稚園の送り迎えや急な発熱時の対応など、子育てのサポートを近くに住む親世帯に任せることも。
    親世帯にとっても孫とふれあえるメリットがあります。
  • 家事サポート
    夕食のおかずを分け合ったり、高所の掃除を子世帯が行ったり、互いに家事を協力しあえます。
  • 経済的サポート
    2世帯で買い物やマイカーをシェアするなど、無駄を省けるメリットもあります。
  • 老後サポート
    将来的な介護はもちろん、互いの様子がわかる近居は万が一の際にも安心。

近居は、互いの世帯のほどよい距離感を心得て。
支援金が支給される自治体もありますので、確認しましょう。

家事をラク にする間取りとは?

効率よく家事をこなすことができる住まいなら、
「時短」を叶え、
暮らしを豊かにすることができます。

  • 動線
    動線
    キッチン・洗面室が一か所にまとまった間取りは家事動線が短縮できるため、効率よく時間を使うことができます。
  • プラスαスペース
    プラスαスペース
    勝手口があるキッチンなら、ゴミの仮置きや分別をバルコニーで行えるため、キッチンまわりをいつも清潔に。
  • コミュニケーション
    コミュニケーション
    オープンカウンターキッチンなら、家事をしながらお子さまを見守ることが可能。ご夫婦での会話もスムーズに。

家事の効率を重視するなら、
動線をはじめとする水廻りのレイアウトに着目した間取り選びを。

コンパクトマンション という選択

コンパクトマンションとは、
一般的に専有面積約30㎡~50㎡程度の
1LDK・2LDKプランのこと。
「住みやすさ」を考えれば、「2人暮らしだけど、プラス1ルーム欲しい」など、
さまざまな要望が出てくるもの。
それでも「コンパクトマンションがオススメ」なのは、「住みやすさ」以外にさまざまな
メリットがあるからです。

コンパクトマンションがオススメの理由

  • 同じ予算で「もっと駅近」「もっと都心」が実現
    広さを優先するのではなく、あえて「ジャストサイズ」を選択することで、より高い生活利便性を得ることが可能に。
  • 購入費用のコストダウンが可能
    首都圏の分譲価格1㎡あたりの単価は平均78.7万円。単純計算で「広さマイナス10㎡」で787万円のコストダウンが可能に。

好立地なら賃貸需要のニーズも高く、将来の資産運用も期待できます。

購入予算を抑えて、高い生活利便性を獲得する、という発想。
将来の需要も高い、コンパクトマンションを考えてみては?