プロジェクトレポート
#03

JR倉敷駅4徒歩分。倉敷の中心で暮らす。

ポレスター倉敷セントラルレジデンス

一部CG加工した現地周辺写真(2013年3月撮影)に外観完成予想図をCG合成したもの

※掲載の絵図は、一部CG加工した現地周辺写真(2013年3月撮影)に外観完成予想図をCG合成したもので、実際とは多少異なる場合がございます。また周辺建物、電線、電柱等は省略しており、実際とは異なります。

歴史薫る美しい街、倉敷。都市機能を享受する中心地に誕生。

古くは松山藩の玄関港として物資の集積地となり、その後慶長5年(1600年)に天領として発展した歴史を持つ倉敷。
今や中国地方を代表する中核都市のひとつであり、江戸情緒あふれる美しい街並みが続く日本有数の観光地・倉敷市の中心地に、全56世帯が暮らす、地上15階建ての「ポレスター倉敷セントラルレジデンス」が誕生しました。(2014年12月竣工)

「ポレスター倉敷セントラルレジデンス」のおよその位置を示した倉敷市空撮(2013年5月撮影)をCG加工したもの

※「ポレスター倉敷セントラルレジデンス」のおよその位置を示した倉敷市空撮(2013年5月撮影)をCG加工したもので、実際とは異なります。

駅から徒歩4分、倉敷中央通りの新しいシンボル

現地はJR倉敷駅から徒歩4分。駅前のメインストリートである倉敷中央通りに近接し、官庁エリア・医療エリア・ショッピングエリアからもほど近い都市機能の中心地に位置しています。少し歩けば倉敷美観地区が広がっており、白壁の屋敷やなまこ壁の蔵など、天領時代の面影を残す歴史ある街並みが続きます。
「ポレスター倉敷セントラルレジデンス」は、周辺の景観と調和を図りながらも、倉敷中央通りの新しいシンボルとして、ここに暮らす人たちの誇りが感じられる重厚な存在感を醸し出しています。

倉敷駅

倉敷駅(約320m/徒歩4分)

倉敷中央通り

倉敷中央通り(約20m/徒歩1分)

三井アウトレットパーク倉敷

三井アウトレットパーク倉敷(約800m/徒歩10分)

倉敷中央病院

倉敷中央病院(約720m/徒歩9分)

子育てファミリーからシニアまで、快適に暮らせる都心の生活ステージ

「ポレスター倉敷セントラルレジデンス」の周辺には、教育施設や文化施設をはじめ多彩な生活施設が充実しています。例えば、明治6年創立の伝統校「倉敷東小学校」(公立通学校)は徒歩5分(約400m)、倉敷美観地区の中でもひときわ目を惹く西洋建築の「大原美術館」は徒歩7分(約490m)、地域がん診療連携拠点病院に指定されている総合病院「倉敷中央病院」は徒歩9分(約720m)、グルメからブランドファッションまで多彩なアウトレットショップが揃う「三井アウトレットパーク倉敷」は徒歩10分(約800m)など、ディンクス、子育てファミリー、シニアと幅広い世代が快適に暮らせる住環境と職住近接の好立地は大きな魅力です。また、駅から近い場所にありながら現地周辺は比較的静かで、穏やかに暮らせる都心である点も物件の希少性と資産性の高さを物語っています。

※周辺写真は2013年2月に撮影したものです。

※掲載の所要時間は地図上の概測距離より徒歩=80m/分で算出したおよその時間です。

※公立の通学校(小・中学校)は教育委員会の指示により変更になる場合があります

外観完成予想図

外観完成予想図

エントランスホール(2015年2月撮影)

エントランスホール(2015年2月撮影)

アプローチ完成予想図

アプローチ完成予想図

コミュニティルーム(2015年2月撮影)

コミュニティルーム(2015年2月撮影)

エントランスホール(2015年2月撮影)

エントランスホール(2015年2月撮影)

倉敷の街とのほどよい調和をめざした外観デザイン

「日本の伝統美が息づいた倉敷の街に溶け込むマンションを創りたい」という想いから、「ポレスター倉敷セントラルレジデンス」では従来のポレスターマンションにはあまり見られない和の趣を随所に採り入れています。
エントランス正面には歴史の重みを表す御影石の壁を配置、立体駐車場の周囲は木目調の縦格子で囲んで木の温もりを表現したほか、外観はあえて「白」を基調とし、空の色や自然の風景に調和するシンプルなデザインを採用しました。
植栽に囲まれたアプローチの先には格調高い天然石張りのエントランスホールが広がっています。その奥にはキッチンスペースを完備したコミュニティルームが設けられており、お子様のお誕生日会やママ友のランチ会などのパーティーも楽しめます。

※写真は、モデルルームを撮影したものです(2012年12月撮影)。

※写真は、モデルルームを撮影したものです(2012年12月撮影)。

※掲載写真のバルコニー外に、空イメージを合成したもので、実際とは異なります。

全邸南向き、家族のコミュニケーションを育む、ゆとりある上質空間。

ワンフロア4邸というプライバシー性を高めた設計と、56邸すべてが南向きという明るい住空間も特長のひとつ。リビングには最大4.80mのワイドサッシを採用して大きな開口部を設けているほか、バルコニーの奥行きは最大2.0mのゆったりしたアウトドアスペースを確保するなど、「外と室内のつながりを感じる暮らし」が空間デザインの大きなテーマとなっています。また、中空スラブ構造とアウトポール設計(※メインバルコニーの一部のみ)を採用することで小梁やコーナー柱の出っ張りをなくし、最大天井高2.55mのワイドな住空間が実現。
さらに、上層階住戸のバルコニーは特殊金属膜でコーティングした強化ガラス手摺により陽光をたっぷりと採り入れることができ、明るく開放的な視界を確保。 リビングからでも眺望を楽しめるように工夫がなされています。
キッチンは上部収納をなくしたオープンカウンタータイプを採用(※一部タイプ除く)。キッチンとリビングの一体感が感じられるため、お料理中でもリビングでくつろぐ家族とのコミュニケーションが弾みそうです。このように様々な工夫を随所に採り入れることによって、どの住戸も面積以上のゆとりが感じられる上質な空間が完成しました。

ポレスター倉敷セントラルレジデンス
<分譲済>

所在地 岡山県倉敷市阿知2丁目510-1 (地番)
交通 JR山陽本線「倉敷」駅徒歩4分
構造・規模 鉄筋コンクリート造地上15階建
総戸数 56戸
建物完成 平成26年12月
間取り 3LDK~4LDK

※掲載の絵図は図面を基に描きおこしたもので実際とは多少異なる場合がございます。また周辺建物、電線、電柱等は省略しており、実際とは異なります。
※植栽は花の開花時期を同時に表現したもので、実際は季節により異なります。