プロジェクトレポート
#08

由緒ある街に、新しい風となる住まい。

ポレスター武田通り

外観

武田氏ゆかりの甲府市武田一丁目に誕生した、市内8棟目のポレスターマンション

武田信玄公をはじめとする数々の戦国武将を輩出し、甲州街道や富士川舟運が結節する交通の要衝として発展した歴史情緒あふれる街、甲府。
その玄関口であるJR甲府駅と、信玄公ゆかりの「武田神社」を結ぶ武田通りから一歩奥まった静かな住宅地「武田一丁目」アドレスに、甲府市内8棟目のポレスターマンションとなる「ポレスター武田通り」が誕生しました。

※「ポレスター武田通り」のおよその位置を示した甲府市空撮(2006年8月撮影)をCG加工したもので、実際とは異なります。

※地図は甲府略志の「古府之図」を参考に書き起こしたイメージイラストです。また名称等は道路地図と武田二十四将の屋敷跡地を参考に、およその位置を示したもので実際とは異なります。

武田通り周辺

JR甲府駅(約560m/徒歩7分)

山梨大学(約820m/徒歩11分)

山交百貨店(約720m/徒歩9分)

甲府駅ビル エクラン(約820m/徒歩11分)

桜並木が美しい城下町「武田通り」、住まいのステイタスを物語る武田アドレス

「ポレスター武田通り」はJR甲府駅から徒歩7分という、利便性高い場所に位置。甲府駅からは山梨市駅へ中央本線特急で9分、松本駅へ1時間2分、新宿駅へ1時間22分と、周辺の主要駅や東京都心にもスピーディなアクセスが可能です。
特に、甲府駅北口は、県下初となる屋根付きペデストリアンデッキ(自由通路)が2010年に完成。安全性や渋滞緩和に配慮した車歩道の分離やエレベーター・エスカレーターの新設など、街の玄関口にふさわしいリニューアルが行われ、駅機能がさらに向上しました。
また、駅北口から約2kmに渡って桜並木が続く武田通り沿いは、甲府の歴史・文化の継承と観光的視点をふまえて街並みの景観整備が進められており、屋根の形状や外壁の色に制限を設けるなど、城下町の面影を残すエリアならではの美しい街づくりが行われています。
また、創立140年を超える歴史を持つ「新紺屋小学校」まで徒歩1分、最寄りのスーパー「オギノ朝日店」まで徒歩4分、19の専門診療科を持つ総合病院「山梨病院」へ徒歩9分、駅前の大型デパート「山交百貨店」へ徒歩9分と、身近な徒歩圏内に学校・買い物・病院が充実。
この生活利便性の高さも「ポレスター武田通り」の大きな魅力のひとつとなっています。

外観

エントランス

中庭

歴史ある街並みにそびえる15階建てのフォルム。敷地内には全邸分+来客駐車場を確保

低層住宅が建ち並ぶ「武田一丁目」エリアの中でもひときわ目を惹くスタイリッシュな15階建ての「ポレスター武田通り」。
外観は、周辺の景観と調和するブラウンを基調とし、エントランスには重厚なボーダータイル張りの壁面を配置しました。また、ヤマボウシやキンモクセイなどの植栽をふんだんに採り入れ、中庭には石庭のような演出を行うなど、和の趣と季節感を重視したランドスケープデザインとしています。
敷地北側と西側の2方向が道路に面したT字型の敷地を生かし、自動車・自転車の出入口を2箇所に分離。歩行者専用のアプローチには緑豊かな植栽を配置し、隣接する道路との間にあえて距離を設けることによって、お子様の飛び出しにも配慮した安全動線となっています。
また、敷地内には全邸分の駐車スペースに加えて来客用1台分の駐車スペースを用意。カーライフの快適さも実感できます。

エントランスホール

エントランスホール

ラウンジコーナー

コミュニティルーム

上質な住空間を演出し、寛ぎが感じられる共用スペース

ゲストを出迎えるエントランスホールは、木・タイル・ガラスの異なるマテリアルの組み合わせが美しい和モダンテイストのスペース。エントランスからエレベーターホールへと誘うロングアプローチが、上質な住まいのステイタスを印象付けます。ソファ&テーブルが配置されラウンジコーナーでは、ガラスウォール越しに中庭を眺めながら、落ち着いた雰囲気の中でゲストと歓談したり、入居者同士でおしゃべりを楽しんだりすることも。
また、ホールに隣接するコミュニティルームには流し台やコンロが付いたキッチンを設けており、「我が家の外にあるもうひとつのリビング空間」としてお子様の誕生日会など、プライベートなパーティも開催できます。
マンションで暮らす方たちが自然に集い、交流を育むための寛ぎの共用スペースが揃っています。

※写真は、モデルルームを撮影したものです。(2011年8月撮影)

※写真は現地眺望を撮影したものです。

上層階からは富士山を一望。全邸南向き、エコロジーでエコノミーな住まいづくり

全邸南向き、上層階住戸からは富士山の雄姿を眺められるという恵まれた条件を最大限に生かすため、最大2.6mの天井高とワイドサッシを採用。窓からの眺望がのびやかに広がる開放的な住空間となっています。
陽光をふんだんに採り込むことができるガラス手すり付のバルコニーは、最大奥行き2.5mと通常よりも広々としたスペース。バルコニーの天井部分には緑化フック取付用金具を設置することにより、直射日光が気になる夏場には、アサガオやゴーヤなどのグリーンカーテンで陽射しを遮ることもできます。
また、窓には断熱効果を高めるペアガラスを標準装備、共用部の一部と住戸内のダウンライトにはLED照明を採用するなど、マンション全体の光熱費削減に配慮した、エコロジー&エコノミーな住まいです。
歴史情緒が色濃く残る「武田一丁目」に誕生した新築分譲マンション「ポレスター武田通り」は、甲府駅北側エリアのステイタスあふれる生活ステージの象徴として、その存在感を放ち続けています。

ポレスター武田通り
<分譲済>

所在地 山梨県甲府市武田1丁目3-1,177
交通 JR「甲府」駅より徒歩7分
構造・規模 鉄筋コンクリート造地上15階建
総戸数 56戸
建物完成 2013年1月
間取り 2LDK~4LDK

※掲載の所要時間は地図上の概測距離より徒歩=80m/分で算出したおよその時間です。
※周辺写真は2011年5月に撮影したものです。
※竣工写真は2013年3月に撮影したものです。